CineMusiとは?

 

Sakamotoの映像・写真とIkawaの音響で作品を制作しているユニット。

cinemaとmusica。

監督・脚本担当と映画音楽担当として、劇映画で二人の共同作業がスタート。

2019年に入り、視覚と聴覚の実験的な試みに関心が強まり、

現在はフィクションを封印してビジュアルアートの制作にシフト。

テーマ設定・企画から制作まで、二人で練り上げながら制作を続けている。

Yuji SAKAMOTO

 

 

映画美学校 脚本コース

イメージフォーラム映像研究所 修了

PLACE M   夜の写真学校

RAM Association 在籍中

路上・ランドスケープの撮影を中心に写真・映像の制作を行う。劇映画から実験映像へと軸足を移し、現在は「都市の肖像」をテーマに、東京各所の日常を撮り集めながら作品にまとめている。​

​傍ら、即興舞踏などダンス・パフォーマンスの映像制作にも取り組む。

2019年
・シアターイメージフォーラム シネマテーク出品(映像)
・PLACE M 「旅しないカメラ展」出品(写真)
・浜松文芸館 高柳克弘個展 俳句映像提供(映像)
・PLACE M  第1回FILM FESTIVAL 出品予定(映像)

Akashi IKAWA

 

 

東京藝術大学音楽学部作曲科卒

「人間の声」を興味の中心に据え、表現活動を行う。

合唱団への委嘱作品など音楽制作をはじめ、美術家・建築家・舞踏家等との共同制作、ファシリテーター、パフォーマンス等幅広い活動を展開中。

2018年

・女声合唱のための2つのうた「子どもが笑うと......」「千度呼べば」委嘱初演(詩:新川和江)
・女声合唱のための 幻想―港三景―「波浮の港」「出船」「出船の港」委嘱初演
・水郷ひた芸術文化祭 大巻伸嗣個展〈「SUIKYO」Liminal Air〉音楽制作
・Memorial Rebirth 千住 2018〈西新井幻想曲「追憶のさざなみ」〉音響制作・出演
2019年

・TURNフェス5展示形式パフォーマンス〈「お」ダンス―影の漂流地点にて〉音響制作・出演