Sakamotoの映像・写真とIkawaの音響で作品を制作しているユニット。

監督・脚本担当と映画音楽担当として、劇映画で二人の共同作業がスタート。

2019年に入り、視覚と聴覚の実験的な試みに関心が強まり、

現在はフィクションを封印してビジュアルアートの制作にシフト。

テーマ設定・企画から制作まで、二人で練り上げながら制作を続けている。

Yuji SAKAMOTO

 

明治大学文学部文芸学科専攻

イメージフォーラム映像研究所専科

RAM Association (東京藝術大学大学院映像研究科主催)

都市の路上・ランドスケープの撮影を中心に写真・映像の制作を行う。劇映画から実験映像へと軸足を移し、現在は「都市の肖像」をテーマに、東京各所の日常を撮り集めながら作品にまとめている。​

​即興舞踏などダンス・パフォーマンスの映像制作にも取り組む。

2018年

​・映画作品「戻れない二人」

2019年
映像作品「ECHOES」(イメージフォーラムシネマテーク)
・写真作品「SHADOW」(グループ展「旅しないカメラ展」@PLACE M)

2020年

・映像作品「TOKYO ANCIDENTS」(イメージフォーラムシネマテーク)

・映像作品「川うつし」(RAM Practice @ONLINE)

Akashi IKAWA

 

 

東京藝術大学音楽学部作曲科卒

「人の声」を創作の中心に据え、表現活動を行う。音楽制作をはじめ、美術家・建築家・舞踏家等との共同制作、パフォーマンスなど幅広い活動を展開中。近年はアートプロジェクトへの参加や、市民参加型ワークショップ、こども創作教室のプログラム開発等を通じて、音を介した表現/コミュニケーションにとどまらず、居合わせた者が多様な身の置き方のできる「場」作りを探求している。

2011年 

・テキサス大学主催コンペティション〈木琴茶室~23音の花びら〉:共同出展
    ( Music in Architecture - Architecture in Music Design and Composition Competition )


2012年

・インスタレーション〈かぐやひめ〉:サウンドアート(古民家ギャラリーかぐや)
・インスタレーション〈Rinneplatz -リンネプラッツ- : 溝の現場/場所〉:サウンドアート、演出(GALLERY CONCEAL SHIBUYA)


2013年

・インスタレーション〈乞功十四針七夕之習〉:音響制作(埼玉伝統工芸会館)
・長浜アーバングラス・コンペティション〈ガラスの湖をデザインする〉:共同出展


2015年

・ピクニック形式パフォーマンス公演〈威風DoDo〉:サウンドアート、出演(都立汐入公園)
・〈妄想キッチントリオによる公開調理哲学ショー〉:演出、出演(べるぽうと汐入商店街)

・ラジオ形式パフォーマンス公演〈COCODOKO★RADIO★SHOW〉:音楽制作、出演(旧 平櫛田中邸)


2016年

・東京数奇フェス 大巻伸嗣〈Memorial Rebirth -光の露地-〉:出演(上野恩賜公園)


2018年

・水郷ひた芸術文化祭 大巻伸嗣 個展『SUIKYO』〈Liminal Air〉:音響制作(日田市複合文化施設 AOSE)
・大巻伸嗣〈Memorial Rebirth 千住2018 西新井〉:サウンドアート、出演、ワークショップ講師(足立区立西新井第二小学校)


2019年

・TURNフェス5〈展示形式パフォーマンス公演「お」ダンス――影の漂流地点にて〉:インスタレーション/サウンドアート

(東京都美術館)


2020年

・大巻伸嗣 個展「存在のざわめき」〈Liminal Air Space-Time〉:音響制作(台湾 台北市クアンドゥ美術館)

​・花と音楽による往復書簡:音楽制作、映像制作(TURN交流プログラムによるオンラインプロジェクト)